グループウェアの特徴について
バナー

グループウェアの特徴について

グループウェアとは、メール、電子掲示板、電子回覧板、電子承認システムなどを統合して、ワンストップで処理ができるようになっている統合ソフトウェアのことを指します。


それぞれ単体の機能としては、すでに業務で運用されているものばかりです。



そのため、使用されているテクノロジーは、安定に動作するように基本的なものばかりが使用されています。

ただし、成りすましや不正処理を防止するために、セキュリティ関連の技術は強化されています。


例えば、決済文書に部長の電子決済を貰う場合には、部長管理のパスワードや部長の電子印鑑が必要、といったようになっています。

教えてgoo関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

グループウェアは、その性質上、パソコンからの使用だけに限らず、スマートフォンやモバイル端末から使用される場合もあります。

そのため、動作するデバイスを選ばないよう、基本的にはWebブラウザからの使用を前提としています。

ただし、一部拡張機能を使用するためには、アプリやドライバをインストールする必要がある場合もあります。
このように、グループウェアはWebブラウザベースであるため、Webブラウザが使える環境であれば、自席にある自分のパソコンでなくとも使用することが可能になっています。

例えば極端な話、ネットカフェからのアクセスや、歩きながらスマホから使用することも可能です。

とはいえ、メール程度ならまだしも、本格的な提出用レポートなどになってくると、パソコンで使用したほうが快適に操作できます。